So-net無料ブログ作成
検索選択

<チンパンジー>仲間の視線の先に敏感…京大霊長類研ら発見(毎日新聞)

 京都大霊長類研究所の服部裕子研究員らのグループが、チンパンジーは人間の視線の対象を気にしないのに、仲間の視線の先は凝視する特性を見つけ、英王立協会誌「バイオロジー・レターズ」(電子版)に発表した。研究グループは「同種の視線に敏感な方が餌や敵を見つけやすく、生存競争に勝つことができるからでは」と推測している。

 同研究所はモニター画面を見る視線の動きを赤外線で計測するシステムを開発し、比較研究。チンパンジーと人間が手前の湯飲み茶わんを見つめている2枚の写真をそれぞれに見せたところ、チンパンジーは仲間の写真では湯飲みを凝視し、人間の写真では目や手を見る傾向が表れた。

 一方、人間はチンパンジーの写真には満遍なく視線を送り、人間の写真だと目と湯飲みに集まる傾向があった。チンパンジー8匹と人間8人について実験し、いずれも同様の結果を得たという。【広瀬登】

【関連ニュース
霊長類:半数、300種が絶滅の危機
チンパンジー:仲間が見るモノ気になります 京大霊長類研究員ら特性発見
三谷雅純の霊長類学の窓:ヒトは人のはじまり/68 <ことば>の大切さ /兵庫
三谷雅純の霊長類学の窓:ヒトは人のはじまり/67 赤ちゃんと脳科学/2 /兵庫
チンパンジー:仲間が見るモノ気になります 特性、霊長類研究所員ら発見

<職業訓練>実施率が最低に 不況で資金不足(毎日新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」−東京地裁(時事通信)
中井洽国家公安委員長、議員宿舎のカードキーを女性に貸与 週刊新潮報道(産経新聞)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。