So-net無料ブログ作成

【阪神大震災】鎮魂「京連鶴」6434羽、妻を思い折り続け(産経新聞)

 「みんなに震災を知ってほしい」と作った「震災紙芝居」を昨年披露してから、また一つ年を取った。82歳の男性は、今度は震災で亡くした妻への思いを込めて、幾羽もの折り鶴が羽根の先で連なる「京連鶴」を折り始めた。6434羽、被災者たちと励まし合った15年の思いを込めて、震災の犠牲者の数まで折り続けたい−。鎮魂の祈りが和紙に込められる。

 神戸市兵庫区に住む桜井健さん。平成7年の震災で妻の房子さん=当時(64)=を亡くした。「おーい」と呼べば、必ず飛んできてくれる明るい妻。だが身動きできなくなったあの朝、「おーい房子、助けてくれ」と叫んでも、返事がなかった。

 「お母さん、あかんかった…」

 娘の話で妻の死を知ったのは、搬送先の病院でだった。いったん兵庫県高砂市に移り住んだが、毎日が寂しく、自宅で開いていた学習塾の子供たちのことが気になった。寄る年波も考えたが、再建を決意。翌年4月に再開した。

 子供たちの明るい声は戻ってきた。しかし妻の姿はない。房子さんと知りあった大学時代のころのこと、神戸でブティックを開いたこと…。楽しかった日々を思いだすのはとてもつらく、それをまぎらわすために、短歌と絵(水彩画)を独学で始めた。

 80歳を迎え、震災当時の様子を紙芝居にしようと描き始めた。倒壊した高速道路、近所の人に助け出された自分、そして房子さんの葬儀。筆が進まず、ただ泣いた日もあった。2年がかりで完成し、昨年、防災教育施設「人と防災未来センター」(神戸市中央区)に寄贈。「一仕事終わった」と思った。

 生きている人に伝えていく“仕事”は終わった。今度は、亡き妻に、亡き人たちの魂に向けて、何かをしたくなった。そんなある日、一枚の和紙から作る何羽もの折り鶴が羽先で連なり、さまざまな形を作る「京連鶴」のことを新聞で知った。著者に手紙を書き、本を送ってもらった。

 小さな鶴が細い羽先でつながり、さまざまな形を作り上げる…。一人ひとりは小さくても、支え合い、助け合ってきた被災者の、そして自分の15年間が重なった。一日一日、折れる数は少なくても、全犠牲者の鎮魂のために6434羽を折ろうと決めた。

 「後ろ向きになったらあかん」。生きること、頑張ること、人生を楽しむことも「妻の分まで」とかみしめている。

 うまくできたら、こう問いかける。「おーい房子、見てるか…」

【関連記事】
再生に向け「生きろ」の文字 兵庫・西宮で震災イベント
「残された課題も」17日の震災15年を前に兵庫県知事が会見
阪神大震災 佐渡裕さん指揮5.46鎮魂曲「未来への決意」
阪神大震災 言葉の壁が心の壁…教諭、3カ国語“四十の手習い”
成人式で「阪神大震災知る最後の世代」があいさつ

谷垣総裁、鳩山ツイッターを「ごまめの歯ぎしり」(スポーツ報知)
東京メトロ有楽町線で運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
<NHK>10年度後期の朝の連続テレビ小説は「てっぱん」(毎日新聞)
ハイチで地震、建物倒壊か…日本に津波の影響なし(読売新聞)
<食品安全委>こんにゃくゼリー「事故頻度はあめと同程度」(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。